Word Piece 3

Tak.'s Blog

アウトライナーフリーク的ノートテイキング

昔から、アウトライナーは「ノートを取ること」にもっとも適した道具のひとつだと思っている。

ノートと言ってもいろいろあるけど、ここでは「人の話」、たとえば口頭中心の講義や講演のノートを取ることについて考えてみる(数式や図表がたくさん出てくる場合にはたぶん向かない)。

ワンアウトライン

WorkFlowyのような「ワンアウトライン」思想のアウトライナーなら、ノートの作り方は簡単だ。

たとえば講義ノートなら、「○○○○論 2018/02/14」というような項目を立てるだけだ。その下の階層にノートを書いていけばいい。

他のアウトライナー(DynalistやOmniOutlinerなど)でも、講義ごとにドキュメント(ファイル)を新しく作るのではなく、ひとつのアウトラインにその講義のノートすべてをまとめておくといい。

そうすれば、たとえば年間の講義全体をひとつの大きなアウトラインとして扱うことができる。

ポイントだけ書こうとしない

これは個人的な意見だけど、ノートを取るときに「重要なことだけ」「ポイントだけ」書こうとする必要はない、と思う。

仕事の打ち合わせのメモならたぶん「ポイントだけ」の方がいいけれど、講義や講演のように、「その内容自体がコンテンツ」の場合はちょっと違う。

そもそも、ある話が出てきた段階で、それが重要なのか重要でないのか、ポイントなのかポイントでないのか判別できるとは限らない。

そんなに重要じゃないと思ってスルーした話題が、後から重要だったとわかることもある。

親切な話し手であれば、ポイントを充分に強調してくれるかもしれない。でも、「重要なこと」や「ポイント」は、必ずしも話し手が「重要」だと意識していることばかりではない。話し手がそれほど「重要」だと思っていないことは、話し手がどれほど親切でも、おそらく強調されない。

さらに問題なのは、リニアな語りを聞きながら「重要なこと」と「重要じゃないこと」をその場で判別しようとすると、その行為自体に集中力とエネルギーを消費してしまうということだ(そして肝心の内容がおろそかになったりする)。

だからぼくは、「重要」とか「ポイント」とかはあまり深く考えず、話されたことを無心にがりがりと書き取っていくのが好きだ。

もちろんテープ起こしじゃないから、「えーとですね」とか「ま、そのー」まで一字一句書き取ることはない。そこら辺はコモンセンスで。

フラットにノートする

ノートを取る段階では、アウトラインを作ろうなんて思わずに、話された順番にひたすらフラットに書いていけばいい。

センテンスや段落の体裁を整える必要もない。どうせ、人の話なんてちゃんとした「文章」にはなっていないのだ。

ただし、キーワードの羅列にはしない。ざっくりでいいから「てにをは」のある文章にする。

これは、語りのフローをキャッチするためだ。フローの中にこそ重要な情報が含まれていることがある。キーワードの羅列だと、それを逃してしまう。

たとえば「実はフローの中に重要な情報がけっこう含まれてるんですよ」という言葉からキーワードだけ書き取ろうと思えば、多くの人は「フローに情報」とか「フロー←重要な情報」みたいな感じにすると思う。

でも、本当は語り手がいちばん強調したのは「実は」とか「けっこう」だったりする。微妙だけど重要な(可能性のある)ニュアンスの違いだ。

だから、元の話のニュアンスをなるべく活かしつつ、読点(、)くらいのタイミングで改行しながら打ち込んでいく。細かく改行するのに抵抗があるなら、句点(。)ごとでもいい(実際に句読点を入れなくても、そのくらいの呼吸で改行する)。

細かく改行するのは、後から操作しやすくするためだ。

ちなみに、音声入力データを使う場合

Googleの音声認識(を使った音声入力)の実用性が驚くほど高くなっているということで、もし音声入力データが使えるなら、ここまでのノート取りの作業はそれに替えてもいいかもしれない(こちらの記事が、関連情報も含めてまとまっていて参考になった)。

その場合は、音声入力したテキストデータをアウトラインにぺたっと貼りつければいいのだが、ベタ打ち状態のままだと扱いにくい上に重くなるので、エディタやワープロで事前に改行を入れておく。

語りのアウトライン

ここからが本番。

ノートを見直す段階で、はじめて「アウトライン」にする。

ノートを上から読みながら、内容のまとまりごとに見出しを立てる。

「構造化」を意識する必要はない。話の区切り(切れ目)に、機械的に見出しをつけていくくらいでいい。

ただし、見出しは細かめにつけるといい。見出しの下に内容が一行しかなくてもいい。

同じような見出しが何回も出てきても気にしない。それは、同じ話があちこちに出てきたということにすぎない。この段階では、内容を「まとめる」必要はない。

見出しをつけ終わったら、アウトラインを折りたたんで見出しだけを画面に残す。これで、今日の話し手の「語り」の流れを一望していることになる。

これを「語りのアウトライン」と呼ぶことにする。

構造のアウトライン

次に、「語りのアウトライン」を丸ごとコピーする。

「ワンアウトライン」方式の運用をしているなら、タイトルにあたる項目(上の例なら「○○○○論 2018/02/14」)をコピーするだけだ。

複製を作るのは、安心してぐちゃぐちゃに解体できるようにするためだ。

まず、コピーしたアウトラインの末尾に「不要」という項目を立てる。書き取ってはみたものの、明らかに不要と思われる内容は「不要」の下に移動する。

すぐに削除しないのは、アウトラインを編集している過程で、実は必要だったとわかることがあるからだ。

残った見出しを眺め、似た内容や、関連した内容をまとめる。あちこちに同じような見出しが散らばっていたら、このときに集めておく。大きなまとまりに見出しがつけられそうだったら、つける。

そして、自分が理解しやすいように、頭に入りやすいように意識しながら、アウトラインを組み替え、整理する。

このときは、もともとの「語り」を意識せず、内容だけに着目して大胆に組み替える。「語りのアウトライン」は別に取ってあるから、遠慮する必要はない。

たとえば、アウトラインがA、B、Cという3つの大きなまとまりに整理できたとする。

アウトラインを眺めながら、それぞれのまとまりがどう関連しているのか、どう機能しているのか考えてみる。

Aが前提知識で、Bが本題で、Cが内容と関係ない余談だったとしたら、それはもともとそういう構造の話だったということだ。

これを「構造のアウトライン」と呼ぶことにする。

語りを意識せず、自分の視点で「構造」を導き出すプロセス自体が、内容についての最高の「復習」になる*1

構造のアウトラインを深読みする

「構造のアウトライン」は、他にもさまざまなことを教えてくれる。

たとえば、もともとの「語りのアウトライン」と比較してみると、聞きやすい「語り」は、内容の「構造」通りには進んでいないことがよくわかるかもしれない。これは、自分自身が話をする機会があったときに、とても参考になる。

ときには「構造のアウトライン」の内容に疑問を感じることもあるかもしれない。内容に矛盾があるように思えたり、話し手の結論とは別の結論が言えるのではないかと思えたり。

「語り」の上では気づかなかったことが、「構造のアウトライン」を作ることで目に見えるようになったのだ。

もちろん、いちばん大きな可能性は、自分が何かを見落としている、あるいは聞き逃しているということだ。でも、ひょっとしたら実際に矛盾や論理の穴がある可能性だってある。

そんなことをいろいろ思いながら、あらためて調べたり再考したり質問したりする。

これが「勉強」にならないはずはない。

 

参考:旧Word Pieceの「アウトライナー」カテゴリの記事

*1:ただし、その「構造」はあくまでも自分の「解釈」にすぎないことを忘れないようにする。

普通に近いかもしれない新しい試み

今年になってから、寝がけに15分くらい、手書きでフリーライティングすることが日課になっている。

決まりは、冒頭に日付を書くことだけ。後は何を書いてもいい。

まるで日記みたいだし、場合によっては日記そのものなのだが、「出来事」を書くとは決まっていない。「事実」を書くとも決まっていない。

書きためた中から一部をピックアップして、ブログのアウトラインに入れる。

ただし、いつもみたいに複数の無関係な断片を結合したり、何度も何度もシェイクしたりしない。断片同士の化学反応みたいなことも期待しない。

ひとつの断片を他人が読んで意味がわかる程度にまで整えたら、公開する。

年初からの記事を読み返してみると、普段の記事にある何かが欠落しているように感じられる。でも同時に、普段だったら完成品の記事には残らないであろう要素が残っていることもわかる。

とっても新鮮。

自分の中ではすごく新しい試みなのだが、他の人から見たらむしろ普通に近いかもしれない。

「ごめんなさい」

「タクシーで帰って2時すぎに寝て4時半に起きて始発で出社する」という生活が、もう長いこと続いていた(職場に泊まるのはどうしても嫌だった)。

その日も始発(地元駅を5時2分に出発する)に間に合うように長い坂道を走っていた。

駅構内の踏切は、まだ鳴っていない。始発にはおそらく間に合うだろうと思い、足をゆるめた。

息を整えようと、冷たく乾いた冬の空気を大きく吸い込んだとき、頭の後ろに電気が走るような感覚があった。それから、貧血のような、目がくらむような感じ。

突然、何の前触れもなく、でも生々しくリアルに、「死ぬかもしれない」という感覚があった。すぐ後ろ、首筋に息がかかるくらいの距離に、何かの気配をはっきりと感じた。

無意識に目を閉じて「ごめんなさい」と口にしていた。きっと他人には聞こえないくらい小さな声で、でもはっきりと声に出して、何度も何度も。

誰に向かって謝っているのかはわからなかった。

いや、本当はわかっていた。

気がつくと、首筋に感じていた生々しい気配は消えていた。踏切が鳴っていた。始発電車がホームに入ってきたようだった。

(もう10年近く前、前職での話)

こたつを持たない猫たち

世界には二種類の猫がいる。こたつを持つ猫と、こたつを持たない猫だ。

寒い夜には、公園や街角の駐車場で出会う、こたつを持たない猫たちのことを思う。

キャットフードを持ってるわけでもない、寝床を提供するわけでもない通りすがりの者にも、呼べば大きな声で答えたり、しっぽを立てて駆け寄ってきたり、のどをゴロゴロ鳴らしたり、足に頭をこすりつけたりしてくれるフレンドリーな猫たち。

彼らがいてくれるから、世界のどこにも代わるもののないその感触を、わたしは忘れずにいることができる。

私的通学鞄のイノセンスとセンス

1980年、米国から日本の小学5年生に転入するひとり息子は、「ランドセル」というものを持っていなかった。

両親は、JALの大きな鶴丸マークのついた青い肩かけカバンを、通学鞄として彼に与えた。

70年代以前の生まれの人はきっと知ってる。
http://www.hatago-international.com/product/5570

当然ながら、鶴丸マークは小学校における彼のシグネチャーとなり、彼はそのイノセンスとセンスに向き合うことを余儀なくされた。

自覚はなかった。彼もまたそのイノセンスとセンスを共有していたからだ。

名前をつけない上位階層

この一年の自分にいろいろと思いを馳せたりしないこともないのだが、「目標」とか「夢」とか、そういう名前のつく立派なものではなく、リアルに感じるのはいつも、小さくて漠然としたイメージの集合体だ。

たとえば
もっと音楽を聴くことだったり、
もっと笑うことだったり、
もっとゆっくり動くことだったり、
もっと仕事に関して人に会うことだったり、
もっと断片を重視することだったり、
カタチにしようとしないことだったり、
小さくアウトプットすることだったり、
ひとつずつ捨てていくことだったり、
コーヒーは一日一杯にすることだったり。

そんな、何が重要なのかうまく説明できない断片的なイメージのコラージュから、ボトムアップ的に浮かび上がってくるようなもの(アウトライン・プロセッシング的に言えばそれらのイメージの「上位階層」)。

それは「目標」とか「夢」とか、そういうものに近い役割を果たすかもしれない何かだけど、安易に名前はつけないようにしたい。

名づけた瞬間に変質してしまうものがある。ついうっかり「達成」しようしたり、「管理」したりしてしまいそうだ。

今まで思いついた名前で唯一近いのは「羅針盤」かもしれない。

時間と選択に関わる情報

昔の知り合いとひさしぶりに会ったとき、「何年ぶりで会ったから」とか「同級生だったから」などというだけの理由で開示したくないし、開示されたくもない情報がたくさんある。

決して人が嫌いなわけではないけれど、主に時間の経過と人生の選択に関わるそれらの情報は、心から信頼する特定の人とだけ共有したい。

時間と選択の積み重ねは、そのくらい重いものだ。

そんなわけで、同窓会には行かないタイプ。